ボードを持つ女医

予防と改善

病気や、それに伴う症状には、その病気に合わせた予防法があります。あまり聞き慣れない症状である脂漏性角化症にも、もちろん効果的な予防法があります。症状を悪化させないためにも、日々の予防や対策は、重要な行いです。肌は、長い間汚れてしまった状態にしておくと様々な悪症状が浮きあがってきます。日焼けも、症状を悪化させてしまう原因の一つです。日焼け防止として、日傘やサングラスはいつでも着用できる状態にしておきましょう。肌の状態をよくするには、普段の食生活にも気を張っておく必要があります。偏食をせずに、毎日栄養バランスの整ったごはんを摂るようにすれば、しみを防ぐことができます。しみを防ぐには、ビタミンC、ビタミンE、エラグ酸などの成分が必須です。定期的に食事の中にこれらの成分を含むよう意識しておきましょう。そうすることで、脂漏性角化症だけでなく、生活習慣病をはじめとした様々な病気を予防することができます。

脂漏性角化症は普段の生活では聞きなれない症状のため、予防法や改善法に頭を悩ませる人も多いです。間違った予防法や改善法をしてしまうと、よけいに症状を悪化させてしまう恐れもあります。脂漏性角化症の原因の大部分は紫外線と加齢です。若い頃から肌が取り込んできた紫外線の影響が、加齢と共に現れる症状だとされています。脂漏性角化症が症状として現れる場所も人よって異なります。頬の上から下にかけて出てくる人もいれば、首元にイボ状となって出てくる人もいます。職業上このような症状が出てくると困る、という人は、早い段階で正しい治療法を行なったり、病院に相談しに行くようにしましょう。