ボードを持つ女医

ケアや治療の方法

脂漏性角化症の予防や対策、解消にはいくつかの方法があります。大きさがミリ単位のような小さいものであれば、冷凍療法や電気焼灼、レーザー施術をで解消することが可能です。しかし、大きくなってしまった場合には、手術を行うしか方法は無いのです。脂漏性角化症は、シミとは言っても悪化してしまうと、皮膚がんにへと変化を遂げてしまいます。皮膚がんとその前段階の症状と言える日光角化症は、区別しにくいとされています。このような症状の疑いが見られた時には、レーザー治療や電気焼灼、冷凍治療法は行わず、症状の一部分または、全部分を切除し、組織検査を行いましょう。さらに、痒みの症状がと脂漏性角化症が突然発症したときには、内臓がんの疑いが高くなってしまうことを知識として踏まえましょう。

この治療はどの治療方法においても、保険の適応がされます。治療に掛かる時間も長くはありませんし、ほとんどが手術後の数ヶ月後には、傷の跡が残らないようです。しかし、冷却での治療は数回に渡り施術を行いますし、炎症したあとは色素沈着をする場合が高いようです。年齡を重ねると、色々なシミが増えるとともに、脂漏性角化症も一緒に現れやすくなります。医師の診察を受けることで、自分のシミはどのような種類のシミなのか把握することが出来ます。さらに、ケアや手術などが必要な場合は、どの方法で行うのか専門医とカウンセリングをすることも大切です。早い段階で紫外線対策や規則正しい生活をして、ビタミンBを多く摂り入れる行いを習慣づけましょう。また、ストレスを溜めないことや、食事のバランスに気を配ることも大切です。そうすることで、脂漏性角化症の予防や対策が出来るだけでなく、健康な体にすることが出来ます。